A5056の切削性

アルミの中で、快削ではない A5056。

切粉をちゃんと出さないとこんなに積みあがってしまい、ガイドブッシュまであと少しで到達という危険な状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

削り自体は悪くないですが、工具に絡みやすく切粉も溢れてしまいがち。まあ、やりにくいです。

 

余談ですが、丸棒に於いて、関東方面ではA5056が主流。

関西方面ではA5052が主流。

流通の問題のようです。

成分、特性はほぼ同じ。

東京ではA5052は入手性が若干悪く、価格もちょい高め。そのため弊社では、A5056でご提案することが多いです。

地域性があるのはなんでなんだろう?

境目は蕎麦のつゆみたいに関ケ原あたりなんでしょうか。