低いガード下 -新井宿第一号橋りょう-

JRの線路により東西に分断された大田区を行き来するのに重要な 堤方踏切ですが、朝夕は京浜東北線と東海道線が絶妙なタイミングで往来するので開かずの踏切と化します

とりわけ東から西へ向かう車両の場合は、かなり迂回するか辛抱して待つという選択肢になるわけですが、歩行者と自転車ならお助け的なルートがあります

踏切から北へ50~100Mくらいのところ


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

ガード下はフェンスで囲われている


 

 

 

 

 

橋梁の下に内川という川があるためで、北側が入口となっている


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

ここが西側(池上通りや第二京浜側)入口 ポールが立てられておりバイクなど進入できないようになっている


 

 

 

 

 

スロープの鉄板は腐って穴があいております


 

 

 

 

 

ガード下はこんな感じでとても低いです

測定はしていませんが、多分1.6Mくらいじゃないかと思います

幅は人がギリギリすれ違えるくらい


 

 

 

 

 

「この橋は篤志家のご好意で作られたものです。事故・ケガにつきましては自己責任でお願いいたします」の張り紙

近隣の人か人達があまりの不便さに作った橋ということなんでしょうか


 

 

 

 

 

頭スレスレを轟音をたてて通過していく電車

線路4本分なので、20~30Mくらいでしょうか 昼間でもやや薄暗く、チョット怖いです

壁の波板は新しいので、補修管理がされている模様


 

 

 

 

 

東側(東邦医大通り、第一京浜側)へ渡り切り・・


 

 

 

 

 

こちら側は階段になっている


 

 

 

 

 

渡り切るとすぐに内川に掛かる橋があります

この先は東京湾に続く運河に接続しています

ただ、この内川は水源が無くこのJRガード下が終点の深すぎる入江、運河みたいなものらしい


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

東側入口

こっち側の方が怪しい雰囲気です


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

「新井宿第一号橋りょう」

ガード下でよく見る表示だが、通過しようとして当て逃げする車両はいないでしょう

進入禁止のポールがあるし、強行突破を試みたら川に落ちます


 

 

 

 

 

落書きは意外と少ないです

この橋はかなり便利らしく、頻繁に歩行者と自転車が往来していました