SS400、SGD 色んな呼び方があるけど、どれが正しいの?

図面には 指定の材質が書かれています。無いと作れません。

SS41、SS400、SGD3、SGD400、SGD400D、など様々な書かれ方をしている「普通鋼」 所謂 生鉄、生材などと呼ばれているものです。

大森精密工業はNC自動盤屋ですので引抜の棒材についてです。

最近はSGD400Dが正式な呼称です。ただし、取り扱い業者さんによってはSGD3とも言っております。

では、なぜ呼び方が違うのか、不統一なためにトラブルになるケースもあるので説明します。※メーカーさんからいただいた資料を引用しています

SS400とは、一般構造用の熱間圧延鋼材の規格であり、SGD400Dはその熱間圧延鋼材を冷間引抜した磨き棒鋼の名称です。

SGD400Dは冷間引抜されているため、抗張力、硬度がSS400より高くなっています。SS400の抗張力は400~500N/㎟と規定されていますが、SGD400Dはこれを超える可能性があるため、磨き棒鋼の名称をSS400とするのは不適切でSGD400Dとする必要があります。

さらにSS400は黒皮の状態であることが多く、保証範囲は機械的性質のみとなっておりますが、SGD1~4(市場流通があるのはSGD3、SGD4のみで、通常はSGD3です)は磨き棒鋼の名称であり化学成分のみを保証しているもので、機械的性質の保証はありません。

冷間引抜後にSGD400Dの規格を満足するように調整したものがSGD3となります。磨き棒鋼用の母材はSGD3の黒皮材となり、これを冷間引抜すると抗張力の値が高くなるので冷間引抜したものをSGD3とするのは不適切でSGD400Dとするのが正しい名称です。

つまり、細かいところまではみなさん理解していないということでした。とても難しい分類だったのです。

補足として、SS41はSS400の旧表記、SGD400は末尾Dが引抜を表すのでこれでは不適切です。

 

以前こんなことがありました。図面にSGD3と書かれていたものを、うっかりそのまま見積書にSGD3と書いてしまいました。(いつもはSGD400Dで提出しています)
ミルシートの提出時にSGD400Dで提出して図面のSGD3と違うと言われました。上記の説明をしましたが理解してもらえず、結局はメーカーさんに無理をお願いして母材のミルシートSGD3をいただいたということがありました。通常は解ってもらえるんですが・・・
そもそも図面表記が間違っていたので間違っているものに合わせるように言われても無理なことです。

 

まとめ

自動盤で使う 冷間引抜した 普通鋼の磨き棒鋼は

SGD400D が適切な表記となります!!